酵素洗顔の使い方

酵素洗顔の使い方

 

酵素洗顔は、タンパク質や脂肪を分解する作用があるため、皮脂や古い角質などの毛穴つまりの原因になる成分を落とすことがでるため、化粧水などの保湿や美容成分が浸透しやすくなります。

 

酵素洗顔は、パウダー状になっていることが多いため、使い方は、ぬるま湯でよく泡立ててから使います。ぬるま湯を加えることで酵素の働きがよくなります。また、洗浄力が高いため、普段以上にやさしく洗う必要があります。洗顔後は、皮脂や古い角質が取れている状態のため、化粧水や乳液、美容液などに含まれる美容成分が肌へと浸透しやすいため、洗顔する時間帯は、朝よりも夜寝る前に行い、丁寧にスキンケアを行うことです。

 

紫外線やホコリなどの外的刺激から肌を守る役割を持つ角質を必要以上に取り除くと肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥や肌荒れの原因になることがあります。そのため、酵素洗顔は、週に1回から始めて慣れてきたら週2回から3回に増やしていきます。

 

洗顔後は、肌のバリア機能でもある角質が薄くなっているため、保湿と紫外線対策が必要になります。また、普段の洗顔料に混ぜて使ったり、Tゾーンにだけ使用する、生理前や生理中などの肌が敏感な時期は避けるなど、肌の状態に合わせることが大切です。